浜松市東区の歯医者

〒435-0056 静岡県浜松市東区小池町2668-1
遠州鉄道自動車学校前駅より徒歩9分

診療時間
9:00~12:30 × ×
14:30~19:30 × × ×

休診日:木曜・日曜・祝日

当院の訪問歯科診療

当院では、歯科医院への通院が難しくなってしまった方に対し、ご自宅を訪問して治療・予防・ケアを行う「訪問歯科診療」に積極的に取り組んでいます。

訪問対応地域

浜松市東区、中区(一部)

治療費用

医療保険(保険証)・介護保険(介護保険証)をご用意ください。

  • 70歳以上の保険証1割負担の方の場合 
    1回およそ1,000~2,500円
  • 70歳未満の保険証3割負担の方の場合 
    1回およそ3,000~6,500円

料金・訪問回数は、お口の状態やお体の具合によって異なります。初回訪問の際に、治療内容など、ご家族と一緒にご相談いたします。

ご来院できなくなってしまった方にも、定期検診は必要です。気軽にご相談ください。

通院が難しい方のための「訪問歯科診療」

当院では、通院が難しくなった患者さまのご自宅を伺って治療をご提供する「訪問歯科診療」に取り組んでいます。さまざまな理由でお体が不自由になってしまった方に、少しでもお口の中の状況を改善してもらえるよう、「口腔サポートセンター協力医」として力を尽くしています。

ご高齢の方にもお口のケアを大切にしてほしい。お体に不自由を抱えている方にも、おいしい食事を楽しんでほしい。という思いで診療にあたっております。

入れ歯が合わずに困っている、痛い、というお悩みをお持ちの方にも対応しています。お困りのことがありましたら、遠慮なく私たちにご相談ください。

健康に食べる・飲み込むためにアドバイス

飲み込むための機能が低下してくると、徐々に通常のお食事を取りにくくなるものです。そのため当院では、ご家族の方に、お食事のメニューや食事介助の方法についてアドバイスを行っています。

さらに、健康な摂食・嚥下機能(物を食べる・飲み込む機能)を回復できるよう、ご本人へのトレーニングも実施しています。摂食・嚥下機能が低下すると、声を出すことや呼吸をすることにまで支障が出る場合も。お口や舌、頬の体操によってお口周りの筋肉をストレッチし、改善を図りましょう。

歯科衛生士がお口のケアを担当

お口から食事を取っていない方でも、お口の中は汚れるもの。だからこそ、お口のケアは誰でも必要です。

お口の汚れは口臭の原因になります。また、お口が汚れていると、嚥下機能(飲み込む機能)の低下によって誤って気管に食べ物が入り込んでしまった際に、「誤嚥性肺炎(ごえんせいはいえん)」という肺炎を引き起こす危険も。これらのトラブルを未然に防ぐためにも、お口のケアは重要です。キレイなお口で、毎日を気持ちよく過ごしましょう。

当院では、お口のケアのプロである歯科衛生士が、歯科医師とともにご自宅を訪問いたします。豊富な訪問診療の経験を持つ歯科衛生士が、きめ細かくお口をケア。さらに、患者さま本人はもちろん、介護をされているご家族の方にも、お口のケア方法についてアドバイスを行っております。

不明な点、心配な点などがありましたら、気軽にご質問ください。

高齢者に対する歯磨剤の選択とフッ素

高齢化に伴う口腔環境の大きな変化として、全身疾患や常備薬の副作用による唾液分泌量の低下とそれに伴う口腔乾燥症が挙げられます。これは口腔内の自浄作用を大きく低減させることから、口腔内phが著しく低下し、二次う蝕を含む根面う蝕を誘発する大きな原因となっています。さらに、口腔内phの低下により、フッ素がチタン(インプラント)を腐蝕させる危険性が高くなります。したがって、個々の患者それぞれのライフステージと身体状態、インプラントの有無によってリスクの変化が生じることも、高齢者に対する歯磨剤選択の大きなポイントです。

歯が多数残存し、口腔乾燥と多発性のう蝕が存在する場合には、フッ素含有の歯磨剤の使用がメインテナンスにおいて非常に重要になります。しかし、複数のインプラントが存在している多数歯欠損~無歯顎の患者に関しては、口腔乾燥や清掃困難による口腔内phの低下が生じることから、フッ素が含有していない歯磨剤の使用が推奨されます。

また、歯磨剤に含まれるラウリル硫酸ナトリウムなどの発泡剤は、口腔乾燥を助長する危険性もあります。要介護者・要支援者のように、歯磨きやうがいが満足にできない可能性のある患者には、極力残存による為害性のたい歯磨剤の選択が重要であり、発泡剤無配合の選択もそのうちの1つとなります。

 

飲み込む機能への支援

最近、食べ物が飲み込みにくく、飲みものはむせやすいんです

どう観察し、どう評価する?                    

どうして飲み込みの障害は起きるのでしょうか?口腔と咽頭は、呼吸や発声時の“空気の通り道”であり、また飲み込むときの“飲食物の通り道”でもあります。飲み込む動作は1秒以内の短い時間に、複雑な生理的活動が絶妙なタイミングで調和して行われる動作です。口腔で咀嚼によって食べ物を飲み込める状態(食塊)にしたら、空気と飲食物の交差部にあたる咽頭を経由して食塊を食道に送り込みます。加齢とともに飲み込みに関する生理的活動が衰えたら、飲み込みの障害(嚥下障害)が高い頻度で生じ、食べ物が飲み込みにくくなったり、気管に食塊が流入(誤嚥)してしまいます。

嚥下障害の典型的な症状としては、食べにくい食べ物が増える、一度に飲み込める量が減る、飲み込みに時間がかかる、口の中やのどに飲食物が残る、むせがよく起こる(特に液体)などがあります。また声がガラガラしている(湿性嗄声)高齢者も要注意で上記の典型的な症状を確認しましょう。

 
 考えられること 

▾ ▾ ▾

        それに対する支援         

歯の欠損、義歯不適合、舌運動障害、咬合力の低下などによる咀嚼機能の低下

▾ ▾ ▾

歯の欠損や義歯の不適合では、補綴処置や義歯調整で咬合を改善させます。舌運動障害では舌の運動訓練(舌を押さえるなど負荷をかけて行う筋力強化訓練/図1-①、動く範囲を広げる可動域拡大訓練、スムーズに動かすための巧緻性獲得訓練など)を行います。そして、咬合力の低下に対しては、咬合力の強化訓練(歯に過度の負担がかからない適切な硬さのものを噛みしめる訓練など)を行います。

唾液の分泌量の減少により、口や咽頭に痛みが出たり、咀嚼や嚥下が困難に

▾ ▾ ▾

唾液の分泌量が減少すると、口腔内の痛みや嚥下時の痛みが生じやすくなります。また、口腔内に取り込んだ食物がばらついたり、口腔粘膜に付着しやすく、咀嚼を効率的に行うことが困難になることで、食塊が飲み込みにくくなります。食前、食後、就寝前に口腔清掃をていねいに行います。水分を十分に補給し、室内が乾く冬季は加湿器などを使って適切な湿度を保ちます。食事の前には耳下腺と顎下腺上の皮膚面から手指でマッサージを行い、唾液の分泌を促します。パサついたものや口の中でばらつきやすい食べ物はなるべく避け、嚥下時に食塊が停滞するのを感じた場合は、すみやかに水分を嚥下します。(固形物と液体の交互嚥下)

加齢による嚥下関与筋群の筋力の低下(オーラルフレイル)

▾ ▾ ▾

舌筋、口輪筋、頬筋、舌骨上筋群、咽頭収縮筋などの嚥下関与筋群の筋力が加齢とともに低下すると、嚥下障害が生じやすくなります。各筋力によって症状は異なり、それぞれに対応した訓練が有効です(図1)。

訪問歯科診療の流れ

お問合せ

まずは、お気軽にお問合せください。

お電話でのお問合せはこちら

053-463-2202

診療時間:9:00~12:30/14:30~19:30
※土曜は午前のみ

休診日:木曜日、日曜日、祝日
※祝日がある週の木曜日は診療しております。

お申込み・日時の決定

診療をご希望の場合は、訪問日時を決めさせていただきます。

初回訪問

訪問日時にお伺いし、お口の状態を検査いたします。

治療計画の説明

検査結果をご説明し、治療計画をご案内します。また、次回の訪問日時を決めます。

治療

訪問日時にお伺いし、治療をします。

メインテナンス

治療が終わった後は、お口を健康に保つために定期的に検診を受けることをおすすめします。

検診・歯石取り・歯のクリーニング・フッ素塗布などもご予約いただけます。3ヶ月先のご予約もお気軽にどうぞ。

053-463-2202

診療時間

 
午前 × ×
午後 × × ×

午前:9:00~12:30
午後:14:30~19:30

休診日:木曜・日曜・祝日